春から初夏は重症化に注意、整形ドクターがアドバイス 「うなじ首こり」の原因と対策

「うなじ首こり」の予防とケア方法

働き女子の「うなじ首こり」今日からできるケア方法 ポイントは、日中デスクでもできる筋肉量アップ運動と血行改善

佐藤先生に仕事中や家庭でもできる簡単な予防法を教えてもらいました。「特に同じ姿勢が長く続く仕事中に行うのがよいでしょう。その他にも、リラックスできる入浴中など、自分の生活シーンに合わせて筋肉量アップ・血行改善を意識してください」とアドバイスしています。

首の筋肉を鍛える「等尺性運動」 利き手の平で後ろに強く押す 右手の平で耳の上を左に強く押す 左手の平で耳の上を右に強く押す 頭の後ろで両手を組む ポイント 首は動かさないで胸はピンとはる

仕事中に血行改善 デスクでも手軽に使える血行改善グッズを活用

「うなじ首こり」予防法にプラスしたい4つの生活習慣 適度な運動や睡眠、栄養のとれた食事で快適な暮らしに!

仕事中や毎日の睡眠や食事、そして適度な運動が、「うなじ首こり」知らずのカラダをつくっていきます。

首こりケアにプラスする4つの生活習慣 1.休憩 同じ姿勢を60分以上続けないこと。1時間に1回席を立って血行を改善しましょう。 2.睡眠 骨や筋肉を作るために必要な睡眠時間は最低6時間確保しましょう。 3.食事 骨や筋肉の基礎を作るたんぱく質を積極的に摂取しましょう。目安は1食に2種類です。 4.運動 全身の血行を良くするため無理のない範囲で運動を続けましょう。

実態調査