あなたの生活習慣が、腰の不調を招いている?骨盤ケアで、毎日が快適

働く女性に多い“夕方腰痛”や“週末腰痛”の原因は、「緊張型ゆがみ骨盤」にありました。

そもそも骨盤ってどういうもの?骨盤のゆがみと体の関係をおさらい

骨盤は「仙骨」、「寛骨」、「尾骨」という3つの骨によって成り立っています。体の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ要ともいうべき存在ですが、「仙骨」と「腸骨」をつなぐ「仙腸関節」がひとつあるのみで、その周りは筋肉と靭帯の力だけで支えられているため、もともと不安定でゆがみやすい骨といえます。

「正常な人の骨盤は逆三角形のきれいなハート形をしていますが、ゆがんでくると四角く開いたり、前後左右にねじれるなど、人によってさまざまな形に変化します。そのゆがみが上半身へ続く背骨や下半身の大腿骨へと伝わり、最後には全身がゆがんでしまうことに。

逆に、脚の骨がゆがんでいると、それが骨盤のゆがみにつながり、結果的に背骨→頸椎→頭蓋骨と、上半身すべての骨にゆがみが連鎖します。

また、女性の骨盤は出産の関係上、男性の骨盤に比べて幅広で開きやすくなっているため、男性よりもゆがみやすい傾向があります」(芝崎先生)

骨盤

腰椎から続く逆三角形をした骨が「仙骨」、その両脇にあるチョウの羽のような形の腸骨と、そこに続く座骨と恥骨をまとめて「寛骨」と呼びます。そして、仙骨の先端に出ているのが「尾骨」。この3つが骨盤です。

「骨盤のゆがみ」には3タイプある

その1 反る下腹部がポッコリ出てくる 出っ尻になる

仙骨が反り、骨盤全体も後ろ側に反っているタイプ。お尻が突き出た“出っ尻”になったり、放っておくと背骨のS字がゆがんで“ネコ背”になってしまうこともあります。

その2 左右に開くヒップも四角くなる O脚になる

本来はきれいなハート型をしている骨盤が、左右に開いて四角く変形しているタイプ。筋力の低下がおもな原因で、このタイプはお尻も四角くなります。

その3 前後・上下にずれる腰のくびれの位置が左右で違ってくる 太ももが太くなる

骨盤が前後・上下にずれて、ねじれているタイプ。お尻の筋肉がゆるんで垂れたり、お尻の肉が流れて太ももが太くなってしまうこともあります。

毎日使えるショーツ&ベルトで骨盤と筋肉をサポート!

  • “安定”と“ながらゆるめ”がポイント 骨盤ケアをはじめよう