血行、イイ女になるためには?

日本産科婦人科学会専門医松村先生が語る 「血行イイ女」になるには?

若いうちから冷え対策・血行改善への意識をもって、「血行、イイ女」になってください。

最近はとにかく血行が悪い女性が多いです。血行が悪いと冷えにつながるのですが、最近では体温が36度をきっている女性がとても増えています。そうすると代謝も下がるし、免疫力も下がります。代謝が落ちると、すべての臓器の働きが落ちるんですね。当然、女性にとって大切な、卵巣や子宮の働きも停滞するので、とてもよくありません。 イラスト
体温が低いと、臓器の働きも落ちる…。
松村圭子先生 特に若い女性は年中オフィスで働いて、夏場は必要以上に冷えていることが多いですよね。男性のスーツに合わせているから、女性にとってはかなり過酷です。そしてやっぱりデスクワークで運動量が少ない。そうなるとますます血行が悪くなっていきます。さらに問題なのは、女性は男性に比べて筋肉量が少ない事です。筋肉は最大のエネルギー産生工場なので、筋肉が少ない女性はとくに、冷え対策への意識を持って欲しいです。

血行の改善と冷え対策

冷えを改善すると血管が開くので血行が良くなります。逆に血行が良くなると温かい血が巡るので、体が温かくなるんですね。冷えている時というのは、血の巡りが悪くなって停滞している状態です。冷えると、熱を逃すまいとして血管がギューっと縮こまるんですよ。だから血行が悪くなるんですね。血行を改善すれば冷え対策になりますし、その逆も同じです。片方が良くなれば、もう片方が良くなりますよ。どっちが悪くってもダメなんです。なので血行の改善と冷え対策はイコールと言っても過言ではありません。

まず温めるべきは、腰周り。

手足が冷えると痛かったりして、割と自覚がある人が多いと思います。いわゆる「冷え性」ですね。でも、腰回りに対して「腰が冷えている」と自覚する人は多くはないでしょう。腰の冷えは「内臓冷え」と言えます。冷えると全ての内臓機能が停滞してしまいます。特に女性は子宮や卵巣という、男性にはない臓器が骨盤にあり、より臓器が密集していますから、血行が悪くなりやすいんですね。
そこで温めるべきは、やはり腰周りです。腰周りには太い血管が走っていますから、全身の中でも特に温めるには効率的な部位と言えるでしょう。「末端が冷えるから末端を温めよう」と思っても、末端は血管が細いので効率が悪いのです。太い血管を温めるのが1番効率的なんです。
だから、体の芯から温めるためにはやはり腰周りが重要なんですよね。前段でも話した様に骨盤には、子宮や卵巣など大事な臓器が密集していますから、そこが冷えると不妊につながったりすることもあるので、お腹を冷やさない、腰を冷やさないっていうのは、やっぱり大事なんですね。

イラスト
腰には子宮や卵巣など、大切な臓器が集中している

夜だけでなく、日中から身体を温めてください。

松村圭子先生

私は日中から体を温めなさいとよく言っています。寝るときに手足を冷やさない意識を持っている人は多いと思いますが、日中もとても大切です。体温は、1日の中で上がり下がりの変動が高いほどいいんです。朝起きてからしっかり体温を上げて、日中にも温めて、そして寝るときに下げる。そういう人のほうが健康なんですね。
だからまずは、しっかりと朝ごはんを食べること。体温をあげるきっかけになります。そして、日中も体を冷やさないようにすることです。最近の女性のファッションは、冷えに対して無防備なものも多いですし、夏のオフィスは本当に寒いぐらい。だから、羽織るものとか、腹巻とか、ひざ掛けとか、日中にも自分にできることできちんとケアしてください。そして、夜は半身浴もお勧めです。シャワーでは表面だけしか暖まらないので、もったいないですよね。お風呂は入ってるだけで代謝をアップして芯から身体を温めることができます。特に子宮や卵巣は、体の奥にありますから、しっかり芯から身体を温めることが大切です。

何か一つ、自分にできる冷え対策を取り入れて。

色々お話してきましたが、全てを取り入れるのは難しいと思います。やはり運動をして筋肉をつけるのが根本的な解決策ですが、毎日運動する時間を作るのは難しいでしょう。毎朝、旅館の朝食みたいなものを食べられる訳もないですし。
だから無理をしないで、自分にできることから日常に取り入れてみてください。朝ごはんだったら、単品で何でもいいから、とにかく口に入れていく。あとは三食で帳尻を合わせればいいんです。食べないのが一番良くない。

イラスト
日常でもできることが何か一つ取り入れましょう
イラスト
腹巻やひざ掛けのように日常で負荷なくできることがお勧めです

食事や、運動、半身浴もそうですけど、日常で負荷なくできるものを何かひとつ、取り入れてみてください。着るものにしてみても、普段のファッションを急に変えるのは難しいですが、腹巻やひざ掛けのように、身に付けているだけで、「身体を温められて良い」というものは、どんどん取り入れることをお勧めします。

「冷え」を知ってケアしよう!